基礎体温グラフの高温期と低温期で排卵・妊娠を把握しよう!

妊娠したい人は、まず自分のからだを知らないといけないですよね。

自分のからだを知るためにまずできること、それは基礎体温グラフ・表をつけることです。
基礎体温グラフで高温期と低温期が把握できます。

まずは、毎日基礎体温を測り、グラフをつけてみましょう。

そうすると、自分のからだのことがわかってきます。

基礎体温と測り方

基礎体温とは、からだが一番安静な状態にあるときの体温のことです。

「生きるためだけにエネルギーを使っている状態の体温」
といえますね。

睡眠中がそのような状態と言えるのですが、寝ている時に自分で体温は測れません。
ですので、目覚めたら、からだを動かす前に寝床の中で測ります。

枕元に体温計を用意して置く必要がありますね。

また、体温を測る場所は、脇の下ではなく舌下です。
口を閉じて測らないと外気の温度に影響を受けることがあるようです。
きっちり口は閉じて測ってください。

基礎体温のグラフ

さて、基礎体温のグラフの健康なパターンは、2相になることです。

月経が始まってから2週間程度「低温期」があり、排卵を境にその後2週間程度「高温期」が続き月経が始まります。

基礎体温グラフ正常モデル画像

低温期

低温期は、卵胞が卵巣で大きくなる時期です。
生理開始から排卵までの間のことです。

この時期には、卵胞から子宮内膜を厚くする卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されます。

低温期の続く日数は個人差があります。

高温期

排卵後から生理開始までの期間のことです。

この時、黄体ホルモン(プロゲステロン)が出て、子宮内膜をさらに発達させ妊娠に対応できる状態を保持します。

黄体ホルモンは、体温を上昇させる働きがあるので、体温が高くなります。
低温期より、0.3から0.5度体温が高くなります。

高温期が続く日数は、正常なホルモンバランスで、妊娠していなければ、14日間程度です。

このように、基礎体温グラフが、低温期と高温期の2相になっていることがわかれば、排卵日が推定しやすくなります。

関連記事⇒排卵日とは何?いつ?基礎体温や福さん式で特定?

また、妊娠した場合は、高温期が2週間以上続いていきますので、わかりやすいですね。

まずは、基礎体温表(グラフ)をつけてみてください。

コメントを残す