LHサージとは?排卵の時間とタイミングは?ピークでは遅い?

妊活中の方にとって、LHサージは特に大切な時間と言えると思います。

排卵検査薬で、LHサージの時間を知ることによって、ベストなタイミングをとる可能性が高くなるからです。

LHサージと排卵

まず、LHサージとは何でしょうか。

LHサージとは、黄体形成ホルモン(LH:luteinizing hormone)が一気に大量に放出される現象のことです。

これによって、排卵が引き起こされます。

LHサージが始まってから排卵までの時間は、一般的に24-36時間です。

ですから、LHサージの始まる時間を把握できると、妊活に大いに役立ちますね。

lhサージイメージ画像

ちなみに、LHサージは一気に大量の分泌が起こりますから、ピークがあります。

このLHサージのピークから排卵までは、15-24時間と言われています。

排卵とタイミング

さて、LHサージの時間がわかったとします。

そうなると、タイミングはどのようにとったら良いでしょうか?

まず、卵子の寿命は、約1日です。
排卵されてから1日で、妊娠は次回のチャンスに待つことになります。

一方、精子の寿命は、2、3日と言われています。
ですが、射精されてからすぐには、受精能力はありません。
射精されてから5、6時間後から受精が可能になるようです。

これらのことを考えると、排卵の2、3日前に精子が子宮内にいれば、妊娠の可能性は高くなりますね。

ですから、LHサージが起きていることがわかったらすぐに、タイミングをとりましょう!

関連記事⇒排卵検査薬Wondfoのタイミングの取り方は?DAVIDと比較も

ところで、すでにお分かりと思いますが、LHサージのピークでタイミングをとるのは、ちょっと遅いですね。

とはいえ、タイミングをとらなければ、妊娠の可能性は確実にゼロです!
ですから、ベストではなくても、LHサージから排卵の時までには、タイミングをとることをお勧めします。
万が一ということもあります!

また、パートナーとの関係を豊かなものにすることもできます。
幸せな2人に、新しい命は迎え入れたいですよね。

コメントを残す