排卵検査薬の排卵後の反応は?陽性が出る?薄い?

排卵検査薬が陽性反応を示すと、2日程度で排卵します。
そして、普通は排卵すると陰性になります。

ですが、時折排卵後と思われるのに、陽性反応を示す場合があります。

これって、頭の中が混乱してしまいますよね。

排卵後の反応

さて、排卵検査薬は、黄体形成ホルモン(LH)という排卵を促す物質の分泌量を捉えています。

排卵の2日ほど前には、このLHの分泌量が急激に増えます。
これをLHサージと呼びます。

ここで、排卵検査薬は、濃い陽性を示します。

hairankennsa-gimon-image

LHサージは、LHの分泌が増え始めてからピークを迎え、そこから減り始めLHサージ前の分泌量に戻るまでに2日間ほど続きます。

このLHサージのピークから24時間から36時間後に排卵が起こります。

排卵すると、LHの分泌は減ります。

そして、排卵検査薬の反応は陰性となり、体温は高温期となります。

関連記事⇒ 排卵検査薬の陽性・妊娠反応は何日続くの?タイミングはいつ?

排卵後に陽性反応が出る?

では、なぜ排卵後に陽性反応が出ることがあるのでしょうか。

実は、LHは、普段から少量は分泌しています。

これは、妊娠した時にしかでないhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とは、違いますね。

そして、分泌量はかなり個人差があります。

ですから、LHサージが終わってLHの分泌量が減ったとしても、排卵検査薬がLHを感知すれば、陽性反応が出てしまいます。

ただし、LHサージの時のように濃い反応ではなく、薄い陽性反応のはずです。

この薄い陽性反応は長くは続かないです。

以下に関連記事も書きました。

妊娠検査薬はいつから陽性の反応が出る?使うタイミングは?

排卵検査薬で、排卵したはずなのに薄い陽性反応が出た時には、「なんだろう???」と心配するよりも、「次の機会を待とう」と大らかにに捉えてみてください。

意外なハッピーな結果が訪れることもあるかもしれません。

コメントを残す