妊娠検査薬の間違いで陽性反応が出るケースまとめ

妊活中には、妊娠検査薬の陽性反応を待ちこがれています。
ですから、妊娠検査薬の判定が陽性の場合、飛び上がるほどうれしいですよね。

その一方、この陽性反応が間違いなのでは?
という不安も同時にこみあげてきます。

妊娠検査薬が、妊娠していないのに陽性反応をすることってあるのでしょうか?

妊娠検査薬で陽性反応が出る時

妊娠検査薬の判定で陽性が出る時は、妊娠しているときです。
当たり前ですね。

細かく説明しますと、ここで妊娠というのは、精子と卵子が受精し受精卵となり、その受精卵が子宮に根付くことをいいます。これを「着床」と言います。

着床した受精卵は、胎盤となっていく絨毛という組織を作ります。
この絨毛から、hCGが分泌されます。

妊娠検査薬は、hCGが一定の濃度に達していれば、反応して妊娠が陽性か陰性か判断します。
ですから、妊娠検査薬で陽性が出ると、妊娠したと判定できるのです。

もちろん判定はできますが、確定するのは医師です。

間違いで陽性が出る時

妊娠検査薬で陽性反応が出ているのに、それは間違いで妊娠していないことってあるのでしょうか。

残念ながら、あります。

以下、いくつかの間違いの理由となるケースを示しますね。

化学的流産

ひとつは、『化学的流産』です。

この『化学的流産』という言葉は、一般的に使われていますが、『生化学的妊娠』が医学的には正しい言い方だそうです。
『生化学妊娠』とは、受精卵が子宮に着床したのち、超音波で子宮内に赤ちゃんが入る袋(胎嚢)が確認されるまでの間をいいます。

この期間に、受精卵の発育が止まってしまい、それに続いて生理のような出血で、受精卵が外に出されてしまいます。
この現象は、実はかなりの確率で起こっているそうです。

最近よく耳にするようになったのは、妊娠検査薬の精度が上がったという理由もあります。

閉経

閉経後には、妊娠と関係はないですが、hCGに似た物質が分泌されるため、妊娠検査薬が陽性反応をすることがあります。

hCG産生腫瘍

絨毛が腫瘍化したものがあるとき。

性腺刺激ホルモン剤

不妊治療等で、性腺刺激ホルモン剤の投与を受けているとき。

蛋白尿、血尿、糖尿

不純物が多い尿の場合、間違った反応を起こして、陽性になることがあります。

子宮外妊娠

子宮外妊娠は、妊娠はしています。
ですが、子宮に着床しなければならない受精卵が、他の場所に着床してしまった状態です。

子宮外妊娠の場合は、重篤な状況になる場合も考えられます。
出血や痛み等、普段と違う症状があった時には、すぐに医師のもとへ行きましょう。

妊娠検査薬陽性反応の間違いまとめ

chosinki-image

このように、検査薬は正常に反応しているのですが、検査する側の状態によって、間違った判定が出ることはあります。

ですから、あくまで妊娠検査薬は補助的な道具として使いましょう。

妊娠したかどうかの確実な判断ができるのは、医師だけです。

コメントを残す